お問い合わせ

会社概要

ご挨拶

初めまして。有限会社久保孝建設です。

皆様にご愛顧頂き40年、地元鹿屋市はもとより、鹿児島市内、大隅半島では桜島から大根占まで、多方面にわたり住宅を作らせて頂いてまいりました。

オーナー様から新たなオーナー様を呼んでいただき、人々の出会いの大切さを日々、実感致しております。

これからも、あんしん、安全な住宅を施工させて頂き、皆様のお暮しに貢献させて頂きたいと思います。

弊社は不動産事務所、一級建築士事務所も併設され、お土地のお世話から建築に至るまで誠心誠意をもってお客様のお力になれると思います。

建築は紆余曲折があり、完成したときの喜びは計り知れません。

その喜びをお客様と共有したいと考えております。

会社概要

会社名 有限会社 久保孝建設
住所 鹿児島県鹿屋市大姶良町1842-2
設立 昭和52年12月3日
代表取締役 久保孝夫
事業内容 住宅設計・施工・増改築・不動産
許認可免許 一級建築士事務所:鹿児島県知事登録第1‐26‐172号
宅地建物取引業:鹿児島県知事(3)第5532号
建設業:鹿児島県知事許可(般‐25)第13800号
国家資格者 一級建築士:1名
二級建築士:1名
宅地建物取引士:2名
加盟団体 (財)鹿児島県宅地建物取引業協会
(株)住宅あんしん保証登録事業者
ZEH事業 平成28年度目標(nearly zehを含む)10%
平成29年度目標(nearly zehを含む)10%
平成30年度目標(nearly zehを含む)20%
平成31年度目標(nearly zehを含む)30%
平成32年度目標(nearly zehを含む)50%

沿革

昭和48年 久保建設設立
昭和52年 有限会社久保孝建設設立(法人化)
平成13年 二級建築設計事務所設立
平成20年 鹿児島県宅地建物取引業協会入会
不動産部門設立
平成27年 二級建築士設計事務所廃止
一級建築設計事務所設立

Q&A

ホントに最初からの自由設計?
本当です。
間取りを雛形から作るのではなく、まず、ヒアリングを通して、お客様のライフスタイル、こだわりを尊重して、骨組みから作り上げて行きます。
もし、ご予定のお土地等ございましたら、私どもに見させて頂き、日照、道路、高さ等を基準としてより最適なプランをご提案致します。
屋根材、サイディング材等はどれでも選択できますか?
メーカーのカタログをそのままお渡しいたします。
通常、この業界では、基本仕様材料があり、お客様に手渡されたボードに記載された商品、色からしか選択出来ないようになっています(同じ商品を在庫として確保しているため。)。
弊社の場合、カタログ内の金額は設定させて頂きますが、範囲内にある材料は、旬の部材、デザイン、色等、すべてお好みの商品をお選び頂けます。
材料が高くなれば、価格も高くなるの?
この質問もよく受けるのですが、事実です。
たとえば、先程のカタログの件を参考にご説明致します。
建築部材の商品カタログにはランクがあります。
もちろん、スタンダードな商品もこだわらなければ素晴らしい部材です。
ただ、お客様によりましては、よりデザイン性の高い商品や、機能性にこだわった部材等をご選択されますと、もちろん商品自体の機能性が高い分、商品自体の金額もお高くなります。
ローン等手続きはどうすれば?
弊社は、全宅住宅ローン取扱店のため、お客様がフラット35のご利用をお考えであれば、弊社窓口にてお手続きが完了致します。
もちろん、他金融機関様での住宅ローンでもご利用頂けます。
その場合は、他金融機関様にてのお手続きが主となります。
詳しくは家づくりのながれをご覧ください。

zehとは


家づくりの流れ

土地購入よりの場合

先ず、ご来社頂き、雑談を交えながら、ご希望の地区、坪数、ご予算等、大まかなヒアリングを行います。

個人邸宅の場合、ご希望住宅坪数+お車2台分が収まるお土地をご希望されるパターンがスタンダードです。

もし、どこかお気に入りのお土地がございましたら弊社にご相談下さい。

地目等、調べさせて頂き、結果をお知らせ致します。

地目によりましては建築できない、あるいは地盤改良が必要等、様々な弊害が生じます場合がありますのでご注意下さい。

又、何も分からない、どういったところが快適に過ごせるのか?等、不安を感じられているお客様には、弊社にて適切なアドバイスをさせて頂き、ご希望に沿うお土地をご紹介させて頂きます。

その後、ご希望に沿うお土地がございましたら、重要事項説明をさせて頂き、ご了承を得ることが前提とし、仮契約をさせて頂きます。

土地有りの場合

お土地をご用意されている場合にも基本的な調査させて頂き、適切なアドバイスをさせて頂きます。また、大まかなプランであれば概算お見積り書をその場でお作りすることもできます。

ぜひ、ご利用下さい。

プランニング

先ず、お土地に接するメインとなる道路を基準にさせて頂き、排水状況、お車の定位置、それに伴う玄関へのアクセス、日当たり確保のためのアドバイス等をさせて頂きます。

その後、ご入居されますご家族様のご人数、生活スタイル等、ヒアリングを通し、耐震も含めた適切なプランづくりのお手伝いをさせて頂きます。

プランを深く煮詰めることにより、お客様に快適な生活をご提供させて頂くことが可能となります。

ここが、一番大変な作業となりますが、一生懸命サポートさせて頂きます。

お見積り

プランが決定致しましたら、住宅に採用致します、ご希望の建材、機器等ヒアリングを通しまして、大まかなお見積書を作成致します。

時期により、旬の部材を使ってみたい等、変更をなされた場合でも、何度でもお作り致します。

お見積り金額にご納得頂けましたら、住宅ローンの事前審査を弊社窓口(フラット35の場合)にてお申込み頂けます。

住宅ローン

フラット35をご利用の場合、午前中に事前審査のお申込みを頂くと、基本的に当日中に結果が届きます。

事前審査の承認を得られましたら、お土地の本契約(お土地弊社ご購入の場合)をさせていただき、設計重要事項説明後、設計契約、建築請負契約書を交わして頂きます。

後日、住宅支援機構の方からの書類到着致しましたら、弊社窓口にて住宅ローン会社担当者の方からのご説明の後、ご納得後、記名押印を頂きます。

地鎮祭

お土地の神様を鎮め、工事の無事と家、建物の繁栄を祈る儀式です。

ご都合の宜しいお日柄、参加人数をお伝え頂ければ、弊社にて段取り致します。

建築確認申請

確認書類を作成後、公的(フラット35の場合、民間確認申請機関)機関に提出し、1~2週間後、申請が下り次第工事に進める状態になります。

瑕疵保険検査(基礎配筋検査)

基礎工事に着手後、配筋まで施工した段階で、第三者機関による厳格な基礎配筋検査が行われます。

検査後、不備があった場合は改善要求があり、確認後、次の工事に進めることとなります。もちろん、不備もなければそのまま生コン打設工事を進めることができます。

建て方

基礎型枠存置期間経過後、解体、そして土台施工となります。

弊社の場合、根太コン(スパンにより24ミリから28ミリ合板使用)施工がデフォルトとなります。

根太コン仕様にする利点は、構造的強度上昇のみではなく、断熱材施工時に必要な土台周りの気流止め効果もあります。

土台組み込み、柱建て、桁組、母屋組、垂木打ち、コンパネ打ち、屋根防水シート等、施工致しましたら、上棟式に移ります。

上棟式

昔は、母屋組施工完の時点で上棟式でしたが、現在は防水シート施工まで施工した後というパターンが多いです。

また、上棟式をされないお客様も最近はいらっしゃいますので、無理におすすめすることもありません。

ただ、上記理由より地鎮祭だけはさせて頂いた方がよろしいかと思います。

瑕疵保険検査(中間検査)

全ての木組み、金物工事が終了した段階で、第三者機関による厳格な中間検査が行われます。基礎配筋検査と同様に不備がありましたら改善要求、確認後、次の工事に進め、不備無しなら、そのまま工事進行となります。

フラット35中間検査(フラットご利用の場合)

全ての木組み、金物工事が終了した段階で、フラット35申請機関による厳格な中間検査が行われます。基礎配筋検査と同様に不備がありましたら改善要求、確認後、次の工事に進め、不備無しなら、そのまま工事進行となります。

また、中間検査適合証明書が発行されます。(フラット35申請先が瑕疵保険検査機関と同じ機関の場合、併せて検査する場合もございます。)

屋根工事

弊社では、地震対策のため、コロニアルグラッサがデフォルトです。

コロニアルについてはコチラ

また、弊社はROOGA shopのため、ROOGAにての施工も承っております。

ROOGAについてはコチラ

外壁工事

弊社の場合、メーカー専用通気金具にて通気工法を施しています。

サイディングはお好みの商品をお選び頂きます。

詳細はQ&A 屋根材、サイディング材をご覧ください。

断熱工事

いくら良質な断熱材を使用しても、気流止め等、施工が不十分だと効果が発揮出来ません。また、弊社所属の一級建築士は、住宅省エネルギ設計技術者です。

弊社におきましては、断熱材メーカー推奨基準にてしっかりとした施工させて頂いております。

内装工事

仕上げ材はクロス又は木材となります。また弊社は左官もいますので、最近は少数派ですが、塗り壁もご選択いただけます。

外構工事

外構工事は、弊社にて、住宅建築と並行して、工事させて頂く場合や住宅工事終了後、外構工事専門業者にご依頼される場合があります。

確認申請機関完了検査

住宅が完成すると同時に完了検査を申請します。

検査員による検査に合格しましたら、後日、完了検査済証を受領出来ます。

フラット35完了検査

フラットをご利用の場合、フラット検査員による完了検査を申請致します。

検査に合格しますと、適合証明書が発行されます。

この適合証明書がフラット35実行前の必要書類となります。

クリーニング

ご入居される前に専門業者にてクリーニングを致します。

登記

土地家屋調査士に建物表示登記申請をお願い致します。

完了後、表示登記謄本も必要書類となります。

フラット35実行

必要書類すべて揃い次第、原本を金融機関に郵送、金融機関より司法書士事務所に送付後、書類精査後、所有権保存登記、抵当権設定、実行という形になります。

他、金融機関様の場合

基本的にフラット35と流れは一緒ですが、適合証明書が不要によりフラット35検査不要な為、書類作成がスムーズといった利点があります。

フラット35検査がないと不安とお感じになるお客様はいらっしゃるかもしれませんが、瑕疵保険検査はもちろん受けますし、また弊社では、プライドをもって施工させて頂いておりますので、お客様が直接、金融機関様にお願いする場合でもご心配は不要です。

ご入居、メンテナンス

お待たせ致しました。

新築住宅でのあたらしい生活をお楽しみ頂けると思います。

ご利用上、ご不明点、調整はいつでもお気軽にご連絡下さい。

末永いお付き合いを宜しくお願い致します。

お問い合わせ